スムージーダイエット|置き換える時に知っておきたい事

スムージーダイエットは、食事に置き換えるのが基本の方法になりますが、その効果をより高めるためにはいくつかのポイントがあります。
まず、栄養をしっかりと体内に吸収させるために、スムージーを飲む前後1時間は他の食べ物や飲み物を口にしないということです。
飲む前にお菓子をつまんでしまったり、コーヒーやジュースなどを飲んでしまうと、体内ではそれらを消化吸収する活動が始まってしまいます。
そこにスムージーを取り込んでも、効率よく栄養を消化吸収することができません。
また、スムージーを飲んだあとに何か食べてしまったら、消化活動が分散してしまうので、これも消化吸収を低下させてしまうのです。
ですから、最低でも前後1時間はスムージー以外のものは「飲まず食わず」ということを徹底してください。

 

もし、食事に置き換えるのが辛い、という場合は、無理をしないでおやつ代わりに飲むようにしましょう。
もちろん置き換えて飲むのが一番ダイエット効果を得ることが出来るのですが、置き換えダイエットというのはストレスも溜まりやすくなります。
ストレスは自律神経を乱してしまうため、血行不良が引き起こされてしまい、代謝が低下して痩せにくい体質になってしまうことがあります。
また、ストレスを感じながらダイエットをしていると、暴飲暴食を引き起こして大きくリバウンドしてしまう可能性も高くなります。
こういったリスクを抱えてダイエットをするぐらいなら、おやつの代わりとして取り入れる方がオススメです。

 

お菓子を食べる習慣がある方は、糖分や油分を過剰摂取してしまっていますし、摂取カロリーもオーバーしています。
これをスムージーに変えれば、糖分や油分をカットし摂取カロリーも減らせます。
小分けにして飲めば、常にお腹が満たさた状態になるので、人によっては食事量を減らすこともできるので、高いダイエット効果が期待できます。

 

以上の点を踏まえて、自分に合った置き換え方法を選ぶことが、スムージーダイエット成功の大きなポイントになるのです。