スムージーダイエットをはじめたい!

次から次へといろいろなダイエット法がブームになりますが、今一番注目のダイエットと言えば、やっぱりこの「スムージーダイエット」!
このスムージーダイエットとは、

 

様々な野菜や果物をミキサーやブレンダーにかけジュースのような状態にして食事代わりにとるというもの。
「置き換えダイエット」の一種ですが、酵素ダイエットなどに比べると「野菜」や「果物」をしっかり取るため腹持ちが良く空腹感が少ないのが特徴。
それに野菜の食物繊維をたっぷり取り入れるから便秘や肌荒れの解消にもなっていい!と言われています。

 

それに・・・なんかとってもおしゃれな感じ(笑)
でも・・・野菜や果物をいろいろチョイスしてオリジナルレシピを考えたり、雑誌や専門書のおすすめレシピを試したりするのもすごく楽しいのですが、なかなかこれが面倒だったりします。

 

まず、野菜を揃えて買ってくるのが面倒
材料を切ったり揃えたりするのが面倒
ミキサーにかけるのが面倒
ミキサーを片付けるのが面倒

 

・・・と、まあいろいろ面倒が多いのが難点。
(もちろん、それが楽しーっていう人も多いんですけどね)

 

また、初めは張りきっていろいろやってみるけど、だんだんスムージードリンクを作るのが面倒になってくるんですよね。

 

粉末スムージーなら超簡単!

 

ですがそんな、「メンドクサガリだけどスムージーダイエットはやってみたい!」という人には、粉末のスムージーがおすすめです。
粉末状のスムージーの材料と水をシェーカーに入れて10秒ほどシェイクするだけ。

 

ダイエットのための商品なので、カロリーはもちろん抑えて作られているし、食物繊維や酵素などの追加アイテムも豊富。
いろいろなメーカーが商品を作っているので味もいろいろ楽しめます。

 

そして最大のポイントは「満腹感」を味わえるってこと。
粉末のスムージーで作ったドリンクはドロッとしている(スライムみたい!)ので、お腹にすっかり溜まるんです。なので、置き換えダイエットとしても最適!

 

スムージーダイエットをはじめたいけど、なんだか面倒って人や、自分で作ってやっていたけど挫折したって人、普段は生スムージーだけどたまには変わった味も試してみたいという人などに、私がおすすめする厳選した粉末のスムージーをお教えします!

 

 

おすすめの粉末スムージーランキング

ミネラル酵素グリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージーの特徴

元祖粉末スムージーと言ったらこれ!定番、安心のブランド。

ダイエットに最適な低カロリー設計(1杯あたり22.86cal)
さらっとしてて飲みやすく、おいしいからリピーター多し。

価格 2,458円
評価 評価5
備考 税抜・送料無料
ミネラル酵素グリーンスムージーの総評

定番のマンゴー味に加えて、アサーバナナ味、はちみつレモン味も登場しました。同じ味ばかりじゃ飽きてしまうという人もこれからはいろいろな味を楽しめます。

 

グリーンベリースムージーの特徴

おいしいです!甘すぎず飲みやすい味。

ミックスベリー味とトロピカルマンゴー味の2種類があるので、飽きずに飲めます。

価格 2700円
評価 評価4.5
備考 税抜・2個購入で送料無料
グリーンベリースムージーの総評

ドロッとしていてお腹にしっかりたまります。だから間食せずに置き換えダイエットが成功しやすい。

 

お嬢様グリーンスムージーの特徴

ドロッとしていてお腹にたまるのでダイエットに最適。

ラムネのような味でおいしい。

価格 2500円
評価 評価4
備考 税抜・送料無料
お嬢様グリーンスムージーの総評

酵素で有名なメーカーのスムージー。姉妹品の「お嬢様酵素」とセットで飲むのもおすすめ。

 

ミネラル酵素グリーンスムージー

ベジーデル酵素スムージーの特徴

酵素ドリンクでも超有名なメーカーが作ったスムージー。きれいに痩せるために必要な栄養素をしっかり取り込んでいるので安心。

定期コースにすると1袋1,900円に。

価格 2,200円
評価 評価3.5
備考 税抜・定期コースは送料無料
ベジーデル酵素スムージーの総評

「栄養機能食品」として国から認定されたスムージードリンク。味はミックスベリー味。

さらっとして飲みやすく、程よい甘さもいい感じ。

 

アサイーレッドスムージーの特徴

人気のアサイーが主原料のレッドスムージー。

ダイエットだけではなく美肌・アンチエイジング効果も欲しい方に。
その名の通り、少し大人のスムージーです。

価格 3,500円
評価 評価3.5
備考 税抜・送料無料
アサイーレッドスムージーの総評

味は全スムージーの中で一番!かなりおいしいです。

価格が他よりも若干高いのが難点。でも十分満足できるスムージーです。

 

そもそも…スムージーって何?

 

ちょっと前に、タレントの優香さんが7kgものダイエットに成功したことが話題になりましたが、その時優香さんが利用していたダイエットアイテムがスムージーです。
最近はカフェなどでもスムージーをメニューに取り入れているところが増えていますし、自分で作れるレシピなどの情報もたくさんありますが、そもそもスムージーとは何なのかと思っている方も多いでしょう。

 

スムージーというのは、簡単に言ってしまうと、シャーベットに近い食感の飲み物です。
シャーベットは半解凍ぐらいになるとトロッとしますが、この状態になったものを飲み物にしたのがスムージーです。
ですが、いろいろな食品添加物や乳製品、糖類などが入っているシャーベットとは違い、伝統的なものはフルーツや野菜をまるごと凍らせて、液体と氷をミキサーで攪拌したものになります。
こう見ると、普通のミックスジュースと同じなのでは、と思うかもしれませんが、食感が氷のように冷たくシャーベットのようになっているのがスムージーなので全く違う飲み物と言えるのですね。

 

スムージーの歴史はとても古く、アメリカなどでは100年前から飲まれています。
スムージーと一口に言っても、フルーツがメインのもの、野菜がメインのもの、サプリのように栄養素を取り入れることが出来るもの、ダイエット効果がある食材を使ったものなどいろいろな種類があります。
一般的なレシピや販売されているものだと、デザートスムージーと言って、乳製品や糖類を入れたものが多いですね。
このタイプはシェイクに近い感覚で楽しむことができますが、優香さんが利用していたのは、栄養補給を兼ねたグリーンスムージーです。
つまり、スムージーのタイプによって、健康補助食品として利用したり、食事代わりにしたり、ダイエット効果を得られるものもあるということです。

 

スムージーの特徴は、普通の飲み物よりもお腹に溜まりやすく満腹感を得られるというところです。
最近は、スムージー自体はもちろん、この特徴を活かして行うダイエットに注目が集まっているので、ダイエットスムージーの種類も増えています。

 
スムージーダイエットって・・・?

近年は様々なところでダイエットと言う言葉を見聞きします。
中でもスムージーダイエットと言うものが注目を浴びています。
これは、様々な野菜やくだものなどを専用のミキサーにかけ、ジュースの状態にして一食置き換えるまたは、小腹がすいた時に炭水化物や糖分が大量に含まれているスナック菓子などを食べる代わりにスムージーを飲むことによって効率的に食物繊維を摂取することが出来る上に、原料が野菜やくだものであるために野菜が苦手な人でもくだものを混ぜたスムージー状態にすることによって野菜の味やにおいが薄くなり、飲みやすくなります。

 

また、野菜やくだものに飽きてきたら牛乳や豆乳などを入れて味を変えることが可能です。
そのために近年は飽きることが少なく、簡単でお手頃な材料から個人で出来るダイエットとしてとても多くの人が実践している方法です。

 

数年前に朝に食べるバナナと言う言葉が流行ったこともあり、バナナをベースとしたジュースを作り、それらを飲むことによって便通が良くなったり朝の基礎体温が上がり、代謝が良くなると言ったダイエットに効果のある良い現象が起こります。
そのために近年は身近にある材料で値段も安く、少しの努力と気遣いから誰でも簡単に出来るダイエットとして人気があります。

 

しかし、スムージーの中身にはアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあるために食物アレルギーなどを持つ人は細心の注意を払った上でこの方法を実践することが薦められています。そして、栄養が偏らないように毎日スムージーの中に入れる野菜やくだものの内容も変える必要があります。

 

しかし、この様なことは前日や休みの日などにまとめて用意をしておくだけで一週間分は保つことが可能です。

 

更に、冷凍保存をしておけば長期間の保存も出来るために毎朝時間に追われていると言う人でも朝食を作るより簡単な作業で済むと言うことから忙しい主婦や学生にも人気の高いダイエット方法となっています。

 

 

 

人気の酵素ダイエットもおすすめです。。
スムージーダイエットのライバルと言えば、そう酵素ドリンクダイエットですね。
こちらも相変わらずすごい人気です。満腹感が足りないので、お腹が空いてしまってダメだーという挫折者も多いのですが、「私はできる!我慢する!」という人にはやっぱり手軽で簡単な酵素ドリンクダイエットもおすすめです。
まずい酵素ドリンクもありますが、おいしく飲める酵素ドリンクもたくさんありますので、酵素ドリンクダイエットに挑戦だ!という方にはこちらのサイトを紹介します。
酵素ドリンク徹底比較ランキング

更新履歴